DV/ドメスティック・バイオレンス

◆DV/ドメスティック・バイオレンス

 夫婦間のDVは相互交流のいきちがいだけでなく,背景に性格や生育史,嗜癖などのさまざまな問題がある場合もあります。どのような背景から起こっているか問題を整理し,見立て,具体的な対処を考えて行きます。DVを受けている側の方(かた)のみの来所でも構いません。
 子どもの家庭内暴力の場合,何らかの青年期的な課題のつまずきと,家庭内での相互交流の行きちがいが複合した場合に起こることが多いと思われます。子ども本人は来れない場合でも,まずはなるべくご両親でご来所ください(難しい場合はどちらかおひとりでも構いません)。ご両親からの情報をもとに,子ども本人の心情や家庭内での相互交流について整理し,見立て,親が家庭でできる対処法について考えて行きます。
 (※緊急性が高い場合は,まずは身を守るための対処について助言させていただきます)。