過去の事実は変えられない。しかし過去の意味づけを変えることはできる。

先日、

「他人と過去は変えられない。しかし自分と未来は変えることが出来る」

という言葉を紹介しました。

先日書いた通り、

変えるのが難しいものや、

変わるはずのないものに拘泥して、

そこをどうにかしいとこだわるよりも、

変えやすいもの、変わる可能性のあるものに

目を向けた方が良いという意味合いのコトバです。

しかしながらこれは、

過去を振り返ることなんて一切ムダだということではありません。

過去の事実自体は変えられませんが、

過去を振り返り、自分なりに整理し、

その意味付けを変えていくことなら可能です。

それは変えられる可能性のあるものに取り組むということであり、

「自分を変える」という観点によく当てはまる建設的な作業です。

(臨床心理士 清見)