言いたいことを言えなかったときは

人間関係の中で

言いたいことをなかなか言えないという相談内容は、

とても多いように思われます。

 

日常の中で、言いたいことを

まさにそのタイミングで言うことができなかったと、

後悔するような気持ちになることは、

とても起こりやすいことでしょう。

 

そういうときは、

ただ頑張って、気持ちを強く持って、

次からは言えるようになろうとするよりも、

言いたいことが言えない自分のクセが

どういうタイミンングで出て、

そのときどう思っているのか、

そうしたことを振り返り、

自分の気持ちを整理して、

自分への理解を深めていく作業を行うことが

まず大切でしょう。

 

言うとすればどんな言い方ができたのか、

事後的にでよいので、振り返ることも

たいへん有効です。

 

ゆっくり考えて、

次の機会に改めて相手に伝えていくというやり方も、

大切な工夫のひとつと言えます。

 

(臨床心理士 清見)