自分が何を言いたいかを把握する~自分を表現するために~

他者とのコミュニケーションの中で

自分の気持ちを表現するにはまず、

いま自分が何を思っているか、何を言いたいのか、

自分の気持ちを把握する必要があります。

 

自分の気持ちを把握するためには、

他人の思惑や外界の状況をいったん切り離し、

さまざまな自分の中の不安材料も脇に置いておいて、

自分の気持ちを素直に受け止め、自分が何を言いたいと思っているかを

自分の中で確かめてみることが大切です。

 

しかし自分の気持ちを、対人状況の中で

リアルタイムに把握することに、

多少の難しさを覚える方もいることでしょう。

(あるいはこれは別にとくべつなことではなく、

多くの人が味わったことのある、よくある感覚かも知れません)。

 

上手く言えなかったこと、

何と言っていいか分からなかったことがあったときには、

あとからで良いので、

一人の時間に、改めて自分の気持ちを言葉にしてみたり、

文字で書いて表現してみたりすることによっても、

自分の気持ちを言葉にして表現することが

徐々にうまくなっていくことでしょう。

 

そして、まずはそう上手く言えなくても良いから、

安心できる相手との間で自分の気持ちを表現して、

理解されたり伝わったりする経験を積み重ねることで、

いま自分が心の中で何を思い、どういう気持ちなのかを、

他者を前にしながらの対人状況においても、

把握できるようになっていくことでしょう。

 

(心理士 清見)