失言癖のある方は…

失言癖があり、

自分でもよく分からないが、不用意な一言で

他者を傷つけてしまうことが多いと

感じている人がいます。

 

こういう方は、

対人トラブルが続いたりすると、

自分に自信をなくしてしまい、

発言することが怖くなってしまったり、

自責感や自己卑下などで

はげしく落ち込んでしまったりすることがあります。

 

 

たいへん苦しい気持ちですが、

そのような場合大切なのは、

自分を全否定してしまわずに、

自分の失言がどのようなパターンで起こりやすいか振り返って、

その頻出パターンを自分で把握することです。

 

そうすることで自分の反応のすべて(ひいては存在のすべて)を

一気に否定してしまわなくて済むようになりますし、

より的確に失言を防ぎやすくもなるからです。

 

まずは自分で自分を知ることから

気持ちの落ち着きや解決の道筋が見えて来るということ。

これはカウンセリングによる話し合いが効果を発揮する

原理でもあります。

 

(心理士 清見)