不快な感情:無理矢理もみ消すよりもよい方法


不安や怒り、自尊心の傷つきなどはイヤな感情ですが、

無理矢理もみ消すという対応では、

処理できないモヤモヤが残って、

つらい状態がかえって長引いたりしてしまいます。




感情的な不快が生じたときは、

「ああ、自分はいまこういう風に感じているんだな

(不安なんだな、怒っているんだな…等)」と、

ありのままの気持ちの動きに気づくことが、まず大切です。




感情には、自分の心の中の動きや、周囲の状況を

自分がどう受け取ったかを知らせてくれる

サイン(信号)としての役割があります。




そのサインにそのまま気づき、

何がイヤだったのか、

本当はどうしたかったのか(されたかったのか)が

見えてくることで、

かえって気持ちが落ち着いてきたり、

自分が楽になるためにどう対応していけば良いのかが

見えてきたりするでしょう。




ひとりで考えあぐねてしまうときは、

話せそうな相手に話しながら考えてみることも、

とても有効です。




(心理士 清見)