不快な感情には、まずありのまま気づくことから

不快な感情を抱いたとき、人はそれを振り払おうとしがちです。

ですがそうやって感情に蓋(ふた)をしても

その感情は消えてしまうわけではありません。

蓄積した感情は、

自分でもよく分からないイライラやモヤモヤ、

ちぐはぐした行動や、ときには身体上の不調となって、

余計に対処しにくいものとなっていってしまいます。

 

そうした状況に陥らないためには、

不快な感情は排除しようとするのではなく、

むしろありのまま眺めて、

「正直いま不快な感情を感じている自分」というものに気づいて

受け入れることがまず大切です。

 

そうして自分の中で何がどうなって

こういう不快な感情になっているのか、

気持ちをありのまま振り返り、

「…そうか、自分はこういう出来事に対してこういう風に嫌で、

それで何だがよく分からない

不快な気持ちになっていたのか…」と気づくことで、

逆にずいぶんと落ち着いて来るものです。

 

心理士 清見