イメージの効用

カウンセリングの中での話し合いは、

新しい行動(特に対人行動)をどう身につけるかというテーマに

なることが、やはり多いものです。

 

新しい行動を身につけるとき、

何と言っても効果的なのは、日常生活の中で実際の小さな成功体験を

積み重ねることです。

小さな変化が次の小さな変化を呼び、それがいくつか重なることで

思いのほか大きな変化に結びついていくものです。

その小さな成功体験をどう無理なく重ねていけるかを、

カウンセリングの中で、丁寧に話し合って行ったりすることはとても大切なことです。

 

いっぽうで、人は現実の体験のみならず、

イメージの中での体験によっても、行動の手続きを確認したり、

気持ちのあり方を整理したり、上手く行った場面を想像したりして、

新しい行動や気持ちの持ちようをクセづけたりすることができるものです。

 

イメージの中では、何度も試行錯誤しながら

リハーサルすることができます。

実際の小さな成功体験をひきよせるための準備段階として

まずはイメージの中で何度か安心体験を重ねることは、

たいへん効果的です。

 

(心理士 清見)