“ほっとけないさん”

ふくおか市政だより(9月1日号)に載っていたのですが、

市は 「わたしたちは、ほっとけない」 をスローガンに

自殺予防に取り組む “ほっとけないさん” の輪を広げているのだそうです

記事の中では

日常生活の中で大切な人の様子が気になったら

「最近どげんね」 など、いつもの言葉で話しかけてみて・・・と促しています

いつもの言葉でさりげなく声をかけて

相手の様子を見るのが負担をかけずにいいのでしょうが、

さて、具体的にどんな言葉で話しかけるのがぴったりでしょう?

「元気?」

「どうしてましたか?」

「最近いかがですか?」

「どうしているのか気になっていました」

「なにかありましたか?」

言葉だけでなく、きっと表情で

“あなたのことを気にしてました” が、相手に伝わるのが一番でしょうね

心理士 調(しらべ)

※9月10日18:15~放送の「今日感テレビ ニュース」に、調恵子心理士が出演いたしました。

「福岡いのちの電話の相談員不足」における特集の中で、インタビューに応えています。