罪悪感をともなう気持ちを受け止める

気持ちにありのままに気づき、それを受け止めることが、

こころの健康には大切です。

しかしときには、考えたり感じたりすると

罪悪感を生じるような内容のことが、

自分の心の中に出てくることがあります。

(こんなことを考えてはいけない、こんなことを思っては申し訳ない等…)

 

しかし怒りや拒絶のような感情を

悪い感情=感じてはいけないものとして、

我慢してしまったり、なかったものにしてしまう等の

処理の仕方を続けていると、

自分で自分の気持ちがどんどん分からなくなっていったり、

うつ病やストレス性の身体症状の原因になったりもします。

 

そういう気持ちが思い浮かんだときは、

それがどのようなものであれ(怒りであれ拒絶であれ)、

「こういうことを思うのも人間の自然な感じ方のひとつだ」、

「さほど自分は良い人間でもないようだが仕方がない」といった

受け止め方が出来、

「自分は正直いま、そういうことを思っているなあ、考えているなあ」と

あるがままの自分を受け入れることが出来れば、

気持ちの整理がついてかえって落ち着いてくるでしょう。

 

心理士 清見