うまく行かない相手

どうしてもうまく行かない相手というものは

いるものです。

それが職場や家庭の中で頻繁に関わる人だと

たいへんなストレスとなり、

ときには心身の不調にまでつながりかねません。

そういう相手に対しては、

まずできるだけ距離を取るようにするのが

何と言っても、シンプルにして効果的な方法です。

うまく行かないなら行かないままでよい、

苦手なら苦手なままでよいと、

心の中で割り切ることで、

ソリの合わない行動を取る相手なりの事情も

かえって見えてきたりして、

客観的な見方やうまい対処のための余裕も

出てきやすくなります。

これは別に、いい人、できた人に

なりましょうということではありません。

この人との関係がそううまく行かなくても仕方がないと

割り切るところに、

これまでと違う距離感を保ちながらの

再交渉の余地も出て来るでしょう。

 

心理士 清見