身体から働きかけて不安や緊張を静める

心と身体はつながっています。

 

心 (気持ち)が不安になると、

胸がドキドキするという身体の変化が起こります。

「落ち着け」と自分に言い聞かせて心を落ち着けることで、

胸のドキドキも静まってきます。

 

通常、「心理状態の変化」から「身体上の変化」という

方向のつながりが意識されがちですが、

反対に「身体上の変化」から「心理状態の変化」という方向のつながりにも、

同じくらいの影響力があります。

深呼吸をして身体的にリラックスすることで、

心臓のドキドキがおさまり、

それによって心 (気持ち)も落ち着くという現象は

なじみ深いものでしょう。

 

不安、緊張の度合いが強く、「落ち着け」等と自分に言い聞かせて

直接的に心を落ち着けるのが難しいときは、

深呼吸、冷水を飲んでみる、身体に入っている力を抜くなど、

身体に働きかけることを通して心を落ち着けるという方法が、

思いのほか効果的です。

 

心理士 清見