あなたはあなたのままでいいということ

あなたはあなたのままでいいというコトバを

聞いたこともないという人は、

いないかも知れません。

 

周囲の環境や職場の論理、

その他もろもろの「こうあるべき」という価値観に

過剰に合わせようとして出口が見えなくなっている場合に、

考え方の方向性を変えてくれる力強いメッセージと言えるでしょう。

 

ただこのコトバは、

それを言った瞬間(あるいは言われた瞬間)のインパクトだけでなく、

そのあと実際に、

その人のありのままの感情や、自発的な意欲の萌芽を

丁寧にしっかりと受け止める関係性が継続してこそ、

効果を発するものだと思います。

 

カウンセリングにおいても、

「今、” あなたはあなたのままでいい”と考えてみることに、

この問題の解決の糸口があるのではないでしょうか」と伝えたなら、

そのあとには、ありのままのその人はどう考え、

どう選択し、どんな感情を持つのかということについて、

そのありのままを受け止めながら、

話し合い、考えるという関係性が続いていくことこそが

大切と言えます。

 

(心理士 清見)